WRO Japan 2017 大会情報
参加方法

WRO 2017 Japan決勝大会

 WRO Japan決勝大会では、下記カテゴリーで4種の競技を実施します。

  • レギュラーカテゴリー
・エキスパート競技
・ミドル競技
  • オープンカテゴリー
  • アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ


レギュラーカテゴリー

まず、地区予選会にご参加ください。各地区予選会の優秀チームが決勝大会に出場できます。 さらに、決勝大会の優秀チームは11月のWRO2017コスタリカ国際大会に出場して頂きます。

プレゼンテーション※エキスパート競技参加チームのみ

決勝大会では、競技に加え、開発したロボットについてプレゼンしていただき、チームの創造性、問題解決への取り組み等を評価いたします。
プレゼンシートは事前にPDFなどでWRO Japan実行委員会へ提出し、当日は会場に掲示できるよう持参してください。 詳細はこちら

  • ●電子データ提出期間:8月23日(水)~9月4日(月)12:00
  • ※8月19日(土)以降に選抜されたチームは9月7日(木)までにご提出ください。
  • ●提出ファイル形式:PowerPoint, PDF
  • ●ファイル容量:5MB以内※5MBを超えたファイルは受け取りできません。


オープンカテゴリー

事前審査によりJapan決勝大会出場チームを決定します。
各年のテーマに沿って作品(ロボット含む)を制作し、チーム情報など参加フォームに登録し、作品紹介ビデオ、およびレポートをWRO Japan事務局までお送りください。

  • ●応募期間:7月17日(月)~8月3日(木)
      オープンカテゴリー事前審査エントリーフォームはこちら
      ビデオとレポートは事務局にメールにて提出ください
  • ●審査期間:8月7日(月)~8月18日(金)
  • ●審査結果発表:8月23日(水)

事前審査を通過したチームがWRO Japan決勝大会に出場できます。
決勝大会では、作品のブース展示と、審査員へプレゼンテーション・質疑応答を行います。審査員用にレポートのコピーを持参してください。優秀チームは11月のWRO2017コスタリカ国際大会に出場していただきます。


WRO2017 オープンカテゴリー審査結果 計14チーム
部門 チーム名 学校名 作品タイトル
小学生 TOKYO-gg 渋谷区立幡代小学校、中野区立新山小学校 持続可能な国「日本」を目指して
フローズンブリザード 世田谷区立中丸小学校 南極の氷を救え!!
中学生 Craftsmen 板橋区立上板橋第三中学校 土から不純物を取り除いて、肥料などを入れ、
農作物が作れる土に戻すマシン
OTEMON QUEST 追手門学院大手前中学校 手話通訳ロボットで伝わる心のバリアフリー
「しゅわっと君」で、コミュニティ社会を変える
奈良教育大学附属中学校
Astro Boys
奈良教育大学附属中学校 足の不自由な人の移動をサポートするロボット
高校生 Chig RPMs 智学館中等教育学校 Solar Cooking
Ceres 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校 アオサを用いた土壌改善をロボットで
おばあちゃんの知恵袋 横浜市立横浜サイエンスフロンティア高等学校 紙を再利用できるロボット
ISC 奈良市立一条高等学校 EASY-Ⅲ
山脇学園SIクラブ 山脇学園高等学校 緑化ロボット
電子研究会 岐阜県立岐南工業高等学校 リサイクルの心を子ども達に!
日本女子大学附属高等学校 きづかいロボット
Enter 栃木県立宇都宮工業高等学校 森林を持続させる自立型ロボット スサノオ
福岡県立香椎工業高等学校 作品製作部 福岡県立香椎工業高等学校 大気集水ロボット
アドバンスド・ロボティクス・チャレンジ

決勝大会の優秀チームは11月のWRO2017コスタリカ国際大会に出場して頂きます。

決勝大会のエントリー