WRO2004国際大会

国際大会情報

開催概要

【主催】WRO 国際委員会

開催日

2004年11月6日(土)~7日(日)

会場

シンガポール・サイエンス・センター

競技内容

市販ロボットキットを使った「自律型ロボット」による課題競技です。(プログラムも開発)

競技テーマスポーツ(大会に参加するロボットは国際スポーツの競技選手です。)
規定競技内容・ライントレース・スプリント
・レスリング(相撲)
・迷路走破
・スラローム
・自由
競技フィールドサイズ「2m×1.6m」が基本
使用ロボットキット市販ロボットキット

参加国(一部)

アジア地域を中心に13の国、及び地域(予定)
(オーストラリア、ブルネイ、中国、香港、インドネシア、韓国、
マレーシア、フィリピン、シンガポール、スリランカ、台湾 、タイ)

国際大会 競技結果

第一回の今年は、アジア、太平洋地区の13の国と地域から89チームが参加した。 日本からは、9月26日に科学技術館にて開催されたWRO Japan決勝大会にて選抜された 4チームが参加した。

日本代表4チーム

スプリント

■リッキー磯工A
確実性を重視した狙い通りの走りで、見事完走!

■Tamagawa Wish BONEZ
スタート直後の難所「でこぼこ」に果敢に挑戦!!

■J&K
上位を狙い、スピードを上げてスタート!

■大森二中
でこぼこを突破!!

デコボコを乗り越え、さらに急な坂の上り下りを制御して走る、難易度の高いものだった。

日本代表チームはリッキー磯工Aが見事完走。他チームは惜しくも途中でラインを外れてしまった。リタイヤが続く中、リッキー磯工Aは47チーム中7位にランクイン!!

メイズ、スラローム

■Tamagawa Wish BONEZ

コース幅が狭く、タッチセンサー、光センサーによる高度な正確性を求められたが、走破したチームなし!という非常に困難なコースであった。

プライズマリではJ&Kが28チーム中12位、セカンダリは38チームが参加し、Tamagawa Wish BONZEが13位、大森二中が24位、リッキー磯工Aが35位という結果。

レスリング(相撲)

■大森第二中

相手を土俵から押し出すか、相手をひっくりかえせば勝ち。

大森第二中とリッキー磯工Aが参加したが、2チームとも一回戦で敗退。

オープン

製作済みのロボットをブースにて展示し発表する。オリンピック競技をテーマとしたロボット25チームが参加した。 
 来年は日本チームからの参加を期待します!

もうひとつのOlympiad~自動計測システムの開発と適用~

WRO Japan大会では、ホール素子と磁石を使った自動計測システムを開発し適用した。これをさらにレベルアップさせたものが、WRO国際大会のスプリント競技公式記録システムとして採用された。

産学連携による開発

オリンピックでは、アスリートの記録を正確に計測する技術が必要となる。WROJaopan大会では、素子と磁石を  使った自動計測システムが産学連携によって開発されました。そしてこれをさらにレベルアップさせたものが、WRO国際  大会のスプリント競技公式記録システムとして採用されました。

基本設計:二上貴夫(SESSAME,(株)東陽テクニカ)
回路製作・ソフトウェア開発:竹内一記 (神奈川工科大学 工学部電気電子工学科4年)
製作指導:金井徳兼(神奈川工科大学工学部助教授)
ソフトウェア開発協力:軽部禎文(株)永和システムマネジメント)

システムの概要

  1. ロボット下部に板状の磁石を取り付ける。
  2. コース裏側にホール素子を組み込んだセンサー基盤を設置。
  3. ゴールライン直下に設置したホール素子の上部を、ロボットの磁石が通過することで電圧を発生させ、それをシグナルとして時間を計測。

システム計測結果

100%正常に計測された。しかし、審判が表示リセットスイッチを押し忘れるというミスにより、1回だけ結果は採用されませんでした。
しかし、計測への不服申請もなく、WRO国際 問委員会、シンガポールサイエンスセンターから高い評価と賞賛を受けました。

スポンサー募集