WRO2005概要

WRO Japan 2005 大会情報

開催概要

【主催】NPO法人WRO Japan
【企画運営】WRO Japan本部実行委員会

▼クリックで各大会についての詳細をご覧いただけます

決勝大会

大会名:第2回WRO Japan決勝大会
開催日:2005年 10月 1日(土)、10月 2日(日)
会場:科学技術館(東京都千代田区北の丸公園)

大会の特徴

  • プログラム開発による自律型ロボットの競技会
  • オリンピックで活躍するアスリートを開発することを目標
  • 予選会にて多くの青少年が参加。優秀チームはJapan決勝大会を経て国際大会へ
  • 市販ロボットキットを利用することで、小学生から高校生,大学生・専門学校生まで参加しやすいコンテスト

大会の内容

子どもたちが市販ロボットキットを使って自作したロボット・アスリートで、
オリンピック競技に挑戦します。
優秀者はWRO国際大会へ出場します。

チーム構成

チーム単位の参加。(1チーム:子ども2~3名、コーチ(大人)1名)
小学生(4年以上)、中学生、高校生

参加方法

国内公認予選大会で選抜されること。

参加チーム数

小学生13チーム、中学生24チーム、高校生13チーム(予定)

競技内容

大会指定の市販ロボットキットとソフトウェアにより、規定課題を競技する。
自律型ロボットをチームで製作。製作されたロボットが競技。

競技表彰

タイム 1~3位

審査表彰

デザイン賞(メカトロニクス・デザインに優れたロボット)
プログラム賞(優れた制御プログラム内容)

WRO国際大会への選抜

タイム、デザイン、プログラムの総合審査による

WRO国際大会参加チーム

小学生1チーム、中学生2チーム、高校生2チーム

特別審査員

飯野賢治 クリエイター
山田英徳 日本科学技術振興財団理事/科学技術館副館長

審査委員長

山本利一 埼玉大学教育学部 教授

審査員

WRO Japan実行委員会に属する研究者、指導者、エンジニア

国際大会までのスケジュール

WRO Japn 開催の流れ

国内公認予選会

2005年 7月-9月頃

WRO Japan決勝大会

2005年 10月1日、2日
詳細情報

WRO国際大会

2005年11月4、5、6日
(バンコク・教育科学技術館)

スポンサー募集