教育シンポジウム2020

第13回
ロボットを活用したプログラミング教育シンポジウム

 本シンポジウムは、WRO Japanの目的に沿い、小中高校生および大学生向けにロボットやプログラミングを核とした科学技術教育の実践を行っている指導者、支援者のための発表および情報交換・交流の場とし開催します。科学技術教育に興味関心を持つ高校生・大学生・大学院生から,その教育を実践する小中高校の教員、指導者を対象とし、高専、専門学校、大学、科学館、企業、NPO等、また社会教育の一環としての実践企業、団体による教育支援活動も広く取り入れた交流の場とします。なお、「第13回ロボットを活用したプログラミング教育シンポジウム」は、(公財)セコム科学技術振興財団助成事業です。

開催概要

【主催】NPO法人WRO Japan
【運営協力】神奈川工科大学、株式会社アフレル

目的

教育現場、人材育成現場で実践されているロボットやプログラミング関連の教育事例,手法等の発表と意見交換を設け、関係者の交流の場を提供する。

開催日

2020 年 12 月 5 日(土)


会場

オンライン開催

参加者

高校生 大学生,小中高校の教員、私塾やNPOの指導者、およびそれらをサポートする機関(大学、科学館等)また人材育成として取り組んでいる機関(企業、NPO等)

内容

ロボットやプログラミングに関する教育カリキュラムや実践事例、教育学習手法等の事例報告

基調講演

ワークショップ

スケジュール(予定)

9:40開会
9:50-10:30基調講演
10:35-12:15事例発表(午前の部)
11:55-13:00ランチ
13:00-14:40事例発表(午後の部)
15:00-15:40ワークショップ
16:00閉会

参加費

一般3,000円
NPO法人WRO Japan会員1,000円
大学生1,000円
高校生以下無料

お申し込み【締切:12月3日(木)17:00】

▶1.参加申込(一般の方)

▶2.参加申込(NPO法人WRO Japan会員・大学生)

出版

発表要旨集を発行

▶事例発表募集要項(ver.1.0) ※募集は締切ました。
▶発表要旨テンプレート(word)

基調講演とワークショップ

基調講演

タイトル:「生活の変化に適応する物流センター ―小口 多頻度 時間指定 ―」

講 師:トーヨーカネツ株式会社 ソリューション事業本部 営業部管掌執行役員

井上 由雄氏 


ワークショップ

テーマ:ブロックの組み立てを英語で説明・表現しよう!

講 師:株式会社MH International Education 代表取締役社長

   ハビック真由香 氏

事例発表題目および発表者一覧

タイトルお名前所属
1大学生による「追手門ロボットチャレンジ」の実践 
-産官学連携のロボット教育実践の展開とその教育効果 –
     
福田 哲也
     

追手門学院 ロボット・プログラミング教育推進室 室長
2未来社会を切り拓け!宇宙開発疑似体験「宇宙エレベーター」松藤 真博愛川町立中津第二小学校
3工業高校における地域連携の取り組みと意義
- 地域に必要とされる学校になるために -
石田 雄悟北海道北見工業高等学校
4EV3を使った高等学校「情報」授業実践報告
– 授業の進め方と様々な課題 –
平田 知里千葉英和高等学校
5生徒が自ら発見するプログラミング学習の試み
– Excel VBAによるコーディングの実習を通して-
大里 有哉神奈川県立相模原総合高等学校
6プログラボにおけるSTEAM教育の取り組み小坂 光彦プログラボ教育事業運営委員会 
代表企業 株式会社ミマモルメ
7地域連携としてプログラミング教育への協力 
-近隣地域小学校でのプログラミング学習への支援を通して –
金井 徳兼神奈川工科大学創造工学部

タイムテーブル

9:10受付開始
9:40開会、理事長挨拶
山口 俊治(NPO法人WRO Japan)
9:50基調講演
生活の変化に適応する物流センター -小口 多頻度 時間指定-
井上 由雄氏(トーヨーカネツ株式会社ソリューション事業本部営業部管掌執行役員)
10:30特別講演終了・休憩
10:35事例発表(1)
大学生による「追手門ロボットチャレンジ」の実践
-産官学連携のロボット教育実践の展開とその教育効果 - 
福田哲也(追手門学院 ロボット・プログラミング教育推進室 室長)
10:55事例発表(2)
未来社会を切り拓け!宇宙開発疑似体験「宇宙エレベーター」
松藤 真博(愛川町立中津第二小学校)
11:15事例発表(3)
工業高校における地域連携の取り組みと意義
- 地域に必要とされる学校になるために -
石田 雄悟(北海道北見工業高等学校)
11:35事例発表(4)
EV3を使った高等学校「情報」授業実践報告
-授業の進め方と様々な課題 –
平田 知里(千葉英和高等学校)
11:55昼食休憩
12:40事例発表(5)
生徒が自ら発見するプログラミング学習の試み
– Excel VBAによるコーディングの実習を通して –
大里 有哉(神奈川県立相模原総合高等学校)
13:00事例発表(6)
プログラボにおけるSTEAM教育の取り組み
小坂光彦(プログラボ教育事業運営委員会 代表企業 株式会社ミマモルメ)
13:20事例発表(7)
地域連携としてプログラミング教育への協力
-近隣地域小学校でのプログラミング学習への支援を通して –
金井徳兼(神奈川工科大学創造工学部)
13:40休憩
13:50ワークショップ
ブロックの組み立てを英語で説明・表現しよう!
ハビック真由香氏(株式会社MH International Education代表取締役社長)
14:40閉会
スポンサー募集